母への感謝

遠方の母への母の日プレゼント

普段は離れて暮らしているお母さん。
そんなお母さんにも、感謝の気持ちや労いの気持ちを伝えることができる機会が母の日です。
遠方で暮らすお母さんだからこそ、こういう機会を活用してコミュニケーションを取ったり、普段伝えられないことを伝えたりすることが大切なのですが、
一歩間違うと上信感を持たれてしまったりトラブルの原因になってしまったりすることがあります。

そんな注意点を踏まえながら、遠方に暮らすお母さんへの母の日のプレゼント方法についてご紹介させていただきます。
遠方に住むお母さんにプレゼントを贈る場合、宅配を利用することがほとんどかと思います。
今はネットなどからでも簡単に宅配注文をすることができ、店舗から直接贈り先に送ることができるのでとても便利です。
こうしたネットを活用する方も多いかと思いますが、ここで注意が必要です。

ネットでの注文の場合、商品の現物を確認できないことが多いので、実際に届いたものとネット上で写真で確認したものとでは、大きく異なっていたというケースがあります。
良かれと思って贈ったお花が萎れ気味でとても飾れるようなものではなかったとか、ブラウスを贈ったけれど品質が良くなくてとても着れるようなものではなかった等と
いうことがあります。
こうしたケースを防ぐためには、以前に自分で購入して良かったと思ったものを贈ったり、店頭で実際に確認したものを贈ったりすることで防ぐことができます。
また、贈りっぱなしというのも良くありません。

「とりあえず注文しておいたからこれで大丈夫…《「贈ったからこれで安心…《というのは間違いです。
顔が見えないからこそ、心をこめた部分が必要となってくるのです。
例えば、母の日当日に電話をして「今日、そちらに母の日のプレゼントが届く予定だから、受け取ってね《という一言。
このときに一緒に普段言えない感謝の気持ちを伝えることができればいいのですね。

また、プレゼントと一緒にメッセージカードや手紙を添えたり、配送の都合で添えられない場合でも別で郵送したりできるといいと思います。
本当は直接渡すことが一番なのですが、それができないから…という意味でも、電話や手紙などを利用してきちんと感謝の気持ちを伝えましょう。

Menu